保管
①保管
一定の
低い温度調整がされた倉庫に保管します。
収穫から配送までカビの原因となる水を使っておらず、収穫時に付いた土を落とすのもエアスプレーを使用しています。
練る
②練る
時間をかけて
にんにくと卵を
ペースト状にします。
卵を入れた後の温度調整と水分蒸発の手法が、生産工程の中でも重要で調整が非常に難しく神経を使います。(焦げやすいため)
乾燥
③乾燥
平たく伸ばして
最適な温度で
自然乾燥させます。
この乾燥工程が一番苦労したところです。工場内の管理環境(温度と湿度)は何回も繰り返し失敗を重ねて行き着いた環境です。
粉砕
④粉砕
乾燥した
にんにく卵黄を
粉砕機で砕きます。
カプセルに入れるため細かく砕いていきます。粒子が大きいとカプセルに入らないので、漢方を粉末にする粉砕機に入れ砕いていきます。
篩過
⑤篩過(しか)
砕いたもの裏ごしし、
さらに細かい
粉末にします。
通常はここまでやらないようですが、大粒と小粒が混ざると味が微妙に変わってしまうため粒子の大きさまで、当社ではこだわっています。
低温加工
⑥低温加工
低温加工で
おいしくさせる。
「粉末もおいしくなければ意味がない」という精神のもと、お客様に見えない部分でも本物をお届するために粉末一粒にもこだわっています。
梱包・配送
⑦梱包・配送
梱包作業も自社内で
衛生管理をきっちりと。
私服で梱包作業をしている企業様も多いようですが、 当社ではスタッフの呼びかけもあり、梱包時も衛生管理をしっかり行っています。
エアシャワー
エアシャワー
作業室には必ずエアシャワーを通って入ります。扉は同時開閉できないようになっており、埃を持ち込ませないようになっております。
洗浄室
洗浄室
中央にある洗浄室は、どの部屋からでも入室できるよう配置されており、使用した器具などの洗浄を徹底しております。
  • 工場見学来場者数20,000名突破
  • 自社工場だからできるてまひまかけた『独自製法』
  • 保管

    一定の低い温度調整がされた倉庫に保管します。


    収穫から配送までカビの原因となる水を使っておらず、収穫時に付いた土を落とすのもエアスプレーを使用しています。

  • 練る

    時間をかけて、にんにくと卵をペースト状にします


    卵を入れた後の温度調整と水分蒸発の手法が、生産工程の中でも重要で調整が非常に難しく神経を使います。(焦げやすいため)

  • 乾燥

    平たく伸ばして、最適な温度で自然乾燥させます


    この乾燥工程が一番苦労したところです。工場内の管理環境(温度と湿度)は何回も繰り返し失敗を重ねて行き着いた環境です。

  • 粉砕

    乾燥したにんにく卵黄を粉砕機で砕きます


    カプセルに入れるため細かく砕いていきます。粒子が大きいとカプセルに入らないので、漢方を粉末にする粉砕機に入れ砕いていきます。

  • 篩過(しか)

    砕いたものを裏ごしし、さらに細かい粉末にします。


    通常はここまでやらないようですが、大粒と小粒が混ざると味が微妙に変わってしまうため粒子の大きさまで、当社ではこだわっています。

  • 低温加工

    低温加工でおいしくさせる


    「粉末もおいしくなければ意味がない」という精神のもと、お客様に見えない部分でも本物をお届するために粉末一粒にもこだわっています。

  • 梱包・配送

    梱包作業も自社内で衛生管理をきっちりと。


    私服で梱包作業をしている企業様も多いようですが、 当社ではスタッフの呼びかけもあり、梱包時も衛生管理をしっかり行っています。

みなさまのお手元へ

生産工程を安価にさせるため、乾燥させ粉末にせずに、団子状から液体化し、いきなりカプセルに入れることもできます。しかし、この方法ですとにんにく卵黄の味がおかしくなってしまいます。

  • 衛生管理の徹底。

    スタッフは、工場内の高洗浄度区域内で作業を行う場合は、入室前に入念に殺菌・消毒を行います。

  • ありのままの姿をご覧いただけます。

    見学者通路を設け、製造・発送の各工程をご覧できるようにし、ありのままの姿をお客様に見学いただけるようにしております。見学者通路は、ご来社時の服装で、工場内の様子を窓越しにご覧になる事ができます。

                       
  • 電気スイッチ盤

    スイッチ盤に埃を溜めないように、電気スイッチを一カ所に集約しております。

  • エアシャワー

    作業室には必ずエアシャワーを通って入ります。扉は同時開閉できないようになっており、埃を持ち込ませないようになっております。

  • 手指消毒機(消毒ホール)

    手洗い→エアシャワー後にもう一度手指の消毒をする事によって菌を付けない!増やさない!やっつける!を徹底いたしております。

  • 取り出し口

    にんにくは洗浄室で洗浄をしたもののみ取り出し口を通って裏ごし室に運ばれます。卵は消毒した卵のみ裏ごし室に運ばれます。

  • 排水溝トラップ

    外の排水口を水面より下にする事で虫の侵入を防ぐようになっております。

  • パスボックス

    同時開閉しない仕組みになっており、埃を持ち込ませないようになっております。

  • 手指消毒機

    手洗い後に消毒機を使用しないとトイレの扉が開かないようになっております。

  • 消臭機

    大型の消臭機を導入し臭いが外に出るのを防ぎます。

  • 埃対策

    窓枠には傾斜、床のかどには丸みを持たせることにより埃が溜まらないようになっております。その他にも、作業室に気圧差をつけドアの開閉時に埃が入り込まないようにしています。気圧差でドアが開かなくならないようにドアに逃げ口をつけたり、空気圧の自動調節機を設置し空気を逃がす仕組みをつけております。

GMPとは

どんなときでも高品質をみなさまに

GMPとは、医薬品や医療器具を製造する際に人為的なミスの防止や品質の低下防止を目的に「だれがいつ作業をしても必ず同じ高い品質を保った製品を作る」ことができるように、工場の設計から製造工程にいたるまでの品質保障のための厳しいガイドラインです。

GMPの歴史

1962年にアメリカ合衆国ではじめて行政として取り入れられ、それにつづき世界保健機構(WHO)でGMPが作成され、各加盟国が採用しました。日本では、1974年に厚生省薬務局長通知として医薬品に関してのGMPが作られ、厚生省から公布、現在では医薬品関係の「製造業の許可を取得する為の必要条件」となっています。
当社取り扱い製品に対して、このようなGMP遵守の義務付けはありません。しかし、「どんなときでも高品質をみなさまに」お届けするために、鹿児島県初のGMP取得を目指したにんにく卵黄専門の製造工場を建設いたしました。

「GMPハード」と「GMPソフト」

このGMPには、工場での設計や施工に関して定めた「ハード」と、品質管理・製造工程に関して定めた「ソフト」の二つの項目があります。

GMPのソフトとハードについての画像

【GMPハード】

工場や製造に関係する設備のことを指します。つまり、工場内の衛生面や人の人為的なミスを防ぐ環境・設備づくりなどを定め、高品質を保ち続ける品質基準です。

【GMPソフト】

製造に関わる人の行動に対して厳密に定められたものです。これは、いくら設備や工場をすばらしいものにしたとしても、そこで作業を行うのは人です。その”人”の性格や技術力、経験によって品質が左右されないように、製品を製造する上で守らなければ行けないルールやチェック体制について定めています。例えば原材料の量や温度管理、時間管理のマニュアル化だけでなく、それがきちんと守られているかをチェックするマニュアルまでも作成します。
こうして、ハードとソフトの両面から基準を設け、実施することで確実にお客様のお手元へいつでも高品質の商品をお届けすることが出来るのです。

てまひま堂のGMP

現在、当社では専門機関を通じてGMPを自主的に実施しています。それでは、当社の実施しているGMPの一部を「ハード」と「ソフト」の両面からご紹介します。

「GMPハード」

GMPハードでは、「間違いを防ぐ、汚染を防ぐ」ために、それぞれの部屋のレイアウト・内外装材・空調システム・各部の納まり等を詳細に設計に落とし込み、建設しています。詳細な項目は以下となります。

  • 作業に支障なく混同等を防げる広さと構造
  • 製造工程の順序に従って配置された作業室
  • 人から持ち込まれる異物を防ぐ構造
  • 原材料に付着して持ち込まれる異物を防ぐ構造
  • 空気から持ち込まれる異物や微生物を防ぐ構造
  • 微生物を増殖させない環境
  • 防虫対策
  • 塵埃が溜まりにくく清掃しやすい構造など

実際の施工時の様子

  • 地中からの湿気の防止・防虫対策

    下地となるコンクリートにクラック(裂け目)が生じると、仕上げの塗り床にも亀裂が生じてしまいます。 その亀裂が生じると地中の湿気が室内環境に影響したり、虫などの侵入の原因となります。

    • ポリエチレンフィルムを2重に敷き詰めます。
    • クラックの発生が最小になるような骨材の選定やコンクリートの配合設計。
    • 事前にクラックが発生しそうな場所を特定し、変性シリコンを流し込んでいます。
  • 埃溜まりの解消

    埃が溜まらないように、サッシの枠の形状や機器を考え配置しています。
    併せて、溜まった埃を目に付きやすくすることで清掃を促すようにしています。

    • 高所の排煙窓の枠も45度にすることで埃が溜まりにくく、また溜まった塵埃が目に付きやすくしています。
    • 据え置き型の機器なども、配管ごとに壁と同一面になるように覆っています。
  • 機密性の確保・防虫対策

    所定の空調性能を維持し空気清浄度を維持するために隙間はすべて専用の建築材で密閉し、空気だけでなく塵埃や虫などの侵入も防いでいます。

    • 天井板などは目透かし張といって板同士の隙間を空け、その隙間にも専用材を流し込み密閉しています。
    • コンセント・スイッチボックスなどの隙間が出来ないようにし、空調機器・照明機器の周りの隙間も密閉しています。
    • ドアはエアタイトゴムという機密性のあるゴムが付いた密閉型サッシを使用しています。
  • 清掃のしやすさ

    日常の清掃作業を行いやすい仕上げ材や機器を選定しています。
    据え置き機器の脚部は汚れが固着しやすいので、可能なものは床に接しない壁付け機器を採用しています。

    • 排水溝は清掃のしやすいステンレス製の特注品を用い、内部の汚れがよく見える形状としました。
    • 便器は壁付けとすることで床面の清掃が容易になります。
    • 床と壁の入隅部は塵埃が固着しないように床材を使用しています。

「GMPソフト」

GMPソフトでは次のような仕組みを構築して文書化し、その手順に従って作業を実施して記録をしています。

  • 製造部門から独立した品質管理部門の設置
  • 標準的な規格及び作業手順を文書化
  • 作業工程で複数の人員によるチェックと記録
  • 製造, 保管, 出納記録などを整備,保存
  • 手順に従った作業室の清掃, 機器の洗浄
  • 設備,機械器具等の定期的な点検整備, 校正
  • 製造工程の各段階での品質チェック
  • 出荷後の品質チェックに必要な検体の保存
  • 製造工程管理の実施状況の定期的な自己点検
  • 計画的な教育訓練の実施など